【イラスト講座】手の描き方(実践編)

前回に引き続き、今回も手の描き方についてです。

前回の講座では長さの比率や、アタリの描き方を説明しました。

今回は基本的な描き方を覚えたうえで、

実際に手を描く際の注意点やポイントなどを説明していこうと思います。

スポンサードリンク

アタリの簡略化をしてみよう

ポイントその一です。

ある程度手を描ける様になった人にとっては、前回のアタリはいささか線数が多いかと思います。

そこで、最低限にまでアタリを簡略化してみましょう。

02

これだけです。上の線が指の付け根、下の線が手首の部分です。

「指のアタリがないじゃん!」と

思う方もいるかもしれませんが、後々のポイントで説明する方法と照らし合わせると描かなくていいと思います。

03

こうなりました。

このアタリと指の形はもちろん一対一ではありません。

もう一つ例を上げてみましょう。

上の例だとどちらも直線に見えますが

手首の線はてのひら側から見た表面をなぞるように描いています。

04

このアタリは

05

こうなります。

前回のアタリよりも難しいですが、立体を捉えやすい形になっていると思います。

拇指球を意識してみよう

拇指球とは前回の記事でも紹介した、

親指の付け根のめっちゃ動くところのことです。

ここがなぜポイントかというと、アウトラインに一番出やすい部分だからです。

例として、手を横から見たときの図を描いてみました。

人差し指から小指はほぼ同じような配置ですが、拇指球だけ特異な形をしているのがわかるでしょうか

08

拇指球が動くと、指の曲がる方向も変わってきます。

拇指球の動きを元に親指を描いていきましょう

指をまとまりで捉えよう

手は複雑な部位ですが、パーツごと、特に指単体で見れば単純に捉えることができます。

そこで、位置の近い指はまとめて描いてしまおう、というのがポイントです。

01

凹凸だけでそれっぽく見える、というのがわかるのではないでしょうか。

清書では線を間に引くだけで指が表現できます。

握ったときは凹凸を意識しよう

手を握ると、指全体のアウトラインが出ることがめったに無いことがわかるでしょうか。

内側に入った指の描写はわりと適当でも大丈夫です。

それよりも、手を握っているんだよというアウトラインを描いてあげることが大切です。

13

赤い線に注目して下さい。実際、凸凹の線を引いてるだけなのに握ってるように見えると思います。

ここではそれぞれの指の第二関節ですが、握った手はだいたい凸凹がアウトラインにでます。

10

上の図は第三関節です。

スポンサードリンク

親指は別ものとして捉えよう

これは前回の記事でも書いたと思いますが、

拇指球を含めた親指は他の指と別にして描きましょう。

11

上の図では、人差し指から小指までは手袋のようにひとまとまりにして描いています。

手の大きさに注意しよう

手単体で練習するのももちろんアリなのですが、

時にはキャラクターと一緒に描いてあげましょう。

手の大きさは、イメージに結構大きく影響します。

特に、男女キャラでは手の大きさがかなり変わってくると思います。

もちろん、手の大きさも描く人によって様々ですが、

違和感を覚えにくい部位なので一旦別の人に意見をもらうのもいいと思います

12

おわり

今回は手の描き方の応用編をお送りしました。

少し難しい部分もあると思いますが、参考になれば嬉しいです。

では、また近いうちに。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
記事下広告
記事下広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事下広告

コメント

  1. 隣のキタン より:

    とても参考になっております。
    PV百万もおめでとうございます!

    • odoshi より:

      >> 隣のキタン さん
      お祝いのコメントありがとうございます!
      参考になっているようで嬉しいです、これからもよろしくお願いします!

      オドシ

  2. どら焼き より:

    いつも参考にさせてもらってます!
    twitterやっていることに気付き、フォローしに行ったらなんと、既にFF内でした(笑)
    これからも宜しく御願いしますm(*_ _)m

    • odoshi より:

      >> どら焼き さん
      コメントありがとうございます!
      ツイッターではお世話になってます…!あまり浮上できませんが、これからもよろしくお願いしますmm

      オドシ

  3. 源 有気 より:

    僕はまだ小六なんですがこのサイトのおかげで漫画家とゆう夢がぐっと近ついた気がします。
    本当に参考になりました!

    • odoshi より:

      >> 源 有気 さん
      コメントありがとうございます
      小六…お若いですね!
      今から毎日練習を続ければ必ずプロになれると思います
      目標を見失わず、頑張って下さい!

      オドシ

  4. ぽんぽん より:

    いつも利用しています!
    とてもわかりやすくて助かっています(*´∇`)ノ
    ぜひ今度はオリキャラの作り方を載せて欲しいですー( *´꒳`* )

    • odoshi より:

      >> ぽんぽん さん
      コメントと要望ありがとうございます!
      オリキャラの作り方ですね!更新予定に追加しておきます
      ごゆっくり待っていただけると幸いです

      お互いお絵描き頑張りましょう!
      オドシ

  5. nasu より:

    初めまして。昨日からこちらのブログの記事をいくつも閲覧させて頂いております。
    他サイトさんと比べてもとても分かりやすく、自分の上達を感じております(><)
    ところで腕の描き方は記事にされているでしょうか?肩周りから手にかけて比率等解説していただけると嬉しいです。
    既にあったらごめんなさい(TT)

    • odoshi より:

      >> nasu さん
      コメントありがとうございます!
      上達を感じられているようで、僕も嬉しいです!

      腕のみの描き方はまだ記事になっていません。
      今後の更新予定に入れておきますね…!ゆっくりとお待ち下さい
      お互いお絵描き頑張りましょう!
      オドシ

  6. やわら より:

    はじめまして。自分は手を描くのが苦手でどうすればいいのか迷ってた所にこのサイトがあったので利用してます!!簡単でわかりやすく描いていくうちに自分で言うのも何なんですが上達してる感じがします。
    ところで、手の指の描き方なんですがなにか変なんです。膨らまないといけないとこが膨らんでないから形がおかしいんです。
    教えてもらってもいいですか??

    • odoshi より:

      >> やわら さん
      コメントありがとうございます!
      上達してる感を感じられているようで自分も嬉しいです!
      手の描き方の件ですが、詳細に教えていただいてもいいでしょうか?
      鏡で自分の手をを見ながら描くのもおすすめですよ!

      お互いお絵描き頑張りましょう!
      オドシ

  7. ゾッ帝 より:

    手の書き方がよくわからず色々なサイトを見た中で一番参考になりました!
    ありがとうございます!

    • odoshi より:

      >> ゾッ帝 さん
      コメントありがとうございます!
      参考になったようで嬉しいです!またよろしくお願いしますmm

      オドシ