肩の描き方 徹底解説【初心者~中級者向け】

絵の描き方,絵の描き方:中級編,絵の描き方:初級編イラスト,描き方,練習,

[応用編] 色々なポーズを描いてみる

この章では今までのポイントやコツを意識しながら色々なポーズを描いていきます

肩周りのポイントはいくつかありました

  • 首, 首周り, 肩の3つのパーツに分けて描くこと
  • 補助線を描いて腕の生え際を意識すること
  • 腕(肩)を動かす際には上半身のバランスを意識すること

これらを意識しながら肩が動くポーズを描いてみましょう

まずは肩をすくめるようなポーズです

手前方向に肩と胴体が重なっていて難しいですね。

このときも腕の生え際を意識するようにしてください。

また、体を横に向けると背中が見えてきます。

上半身の厚みを意識するようにすると自然に背中を描くことができます

人体は横からみるとこんな形です。

肩は少し前に出ていることとしっかり首周りのパーツの幅を取ることを意識してください

次は左斜め後ろから腕を少し上げているポーズです

後ろから見ると首のパーツ首周りのパーツに隠れます。

あとは背中側も補助線や腕の生え際を意識しながら描いていきましょう。

また、腕を上げてるときは肩のパーツから背中にかけて線を引くと自然に見えます

(おおよそ三角筋のラインです)

次は地面に手をついているポーズです

奥行方向に色々重なっているので難しいですが、意識することはいつもと変わりません。

上半身の厚みを意識する (見えない部分もしっかり形を取る)ことと

それぞれのパーツの大きさや接合部を意識して描いていきましょう。

このポーズは腕は上がっていないけど肩が上がっているので補助線も吊り上がっています。

次は後ろから見た腰に手を当てているポーズです

意識することは特に変わらずです。首のパーツは首周りのパーツに隠れて短くなっていますね

最後に抜刀のようなポーズを描いてみましょう

かなり複雑なポーズに見えますがそれぞれのパーツの位置と大きさをイメージすれば自然に描くことができます

終わりに

肩の描き方について徹底解説しましたがいかがでしたでしょうか。

私自身気づいたこともたくさんあり勉強になった記事でした。

久しぶりの記事更新でしたがまた描いていこうと思うので、ご要望あればコメントやツイッターにいただければと思います

オドシ

2024-06-06

Posted by odoshi