【イラスト講座】効率的なイラストの練習方法

以前、絵が上手くなるために必要な事という記事を更新しました。

今回はそれをもう少し具体化した「効率的なイラストの練習方法」を

実際に自分がやった方法を交えながら書いていこうと思います。

スポンサードリンク

インプットとアウトプットを繰り返す

この記事の理念をまず最初に書いておきます。

インプットとアウトプットを繰り返す事です。

言い換えると自分の中に取り込み、実際にやってみることです。

イラストに限らず大事なことですよね。

ではイラストにおいて具体的にどんなことをすれば良いのでしょうか。

模写(インプット)

絵の練習方法としてよく挙げられるのが「模写」ですね。

模写はインプットを行う際に非常に有効な手段です。

参考:模写の有効なやり方

上の記事にもあるのですが、模写はいろいろなところで「有効である」

という記述があるため漫然と描きがち(作業として行いがち)なのです。

構図を学びたいのか、表現を学びたいのか、描き込む方法を学びたいのか。

どの部分をインプットしたいか」を決めてからすることが大事です。

また、模写をして満足してしまうと一向に自分のイラストが上手くなりません。

オリジナルイラストが上手くなりたい方は、模写は絵の練習段階であると思ってください

以下は実際に自分がやっていた練習方法です

1. 絵の構図を掴むためにシルエットを模写

2. 人体把握とキャラデザ勉強のためにポーズマニアックスをキャラクターで

3. 細部の書き込みや表現を学ぶために一部だけ模写

資料集め(インプット)

資料集めも大事な練習です。

写真を撮って表現を学ぶことやイラスト講座の閲覧などがこれにあたります

ただし、やりすぎると頭でっかちになってしまい

実際に絵を描くのが億劫になったりしてしまうので、

描く環境や時間がないときに資料集めをするといいと思います。

イラスト講座などはtwitter, pixivほか以下のサイトも非常に有効です。

Palmieさん: https://www.palmie.jp/

senseiさん:https://sensei.pixiv.net/

いちあっぷさん:https://ichi-up.net/

オリジナルイラスト(アウトプット)

自分の表現力を試すにはオリジナルイラストを描いてみるのが良いでしょう。

意識するポイントは3つです。

  • できるだけ完成度をあげる(ラフばかりではX)
  • 描いたことのない要素を盛り込む(同じような絵ばかり描かない)
  • わからない部分は徹底的に調べる

模写や資料集めで学んだことを活かしながら描くと、上達を実感しやすいと思います

習慣づける

以上の練習方法は、1日だけ行うのでは効果が期待できません

少しずつでもいいので、できれば毎日行うことが大切です

自分は毎日絵を描くために、決まり事を作っていました

  • 土日で一枚オリジナルの絵を完成させる
  • 毎日練習の模写でもいいのでネットに一枚アップする
  • その日のpixivのランキングをA4一枚分模写する
  • etc…

まずは「1日最低30分描く」くらいのハードルから始めるといいと思います

スポンサードリンク

腕試しする

絵の練習をして力がついたなと感じたら

絵をSNSへアップロードしてみたり、

イベントに申し込んで同人誌を作ってみたり、

イラスト大賞に申し込んでみたりなど、ぜひ自分の力を試してみてください

今まで知らない作品に出会っていい刺激を受けたり

描いた作品が評価されることで見えてくるものもあると思います。

息抜きをすること

ときにはいつもと違うキャラを描いたり、違う環境で描いてみるのもオススメです。

普段女の子のキャラを描いているならばモンスターの絵などを描いたり、

普段デジタル環境ならばアナログ環境で

一発勝負で描いてみるのもいいかもしれません。

もちろんしすぎも良くないですが、このような息抜きは絵の「幅」を広げます

いろいろなものが描けるようになると、絵を描くのがさらに楽しくなって来ますよ。

以下は実際に自分がやっていた例です

1. ポケモンを描いてみる
2. 背景を模写してみる

おわり

以上、効率的なイラストの練習方法でした。

ここがわからないよ!と言うものがあれば随時書き足していくので

コメントにいただければ嬉しいです。

では、今日はこの辺で

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です