【イラスト講座】表情の描き方

よく、シチュエーションを想像して絵を描くことがあると思います

キャラクターの表情は雰囲気を出すのにとても大事な要素です

今日はキャラクターの表情の描き方について書こうと思います

スポンサードリンク

そもそも表情とは

表情というと顔のパーツの「形の変化」だと思っている方がおおいのですが、

これは全くの間違いです。

表情というのは感情の表現であり、どちらかというと「心の変化」です。

もちろん顔のパーツをうまいこと変えれば

笑っているっぽく、怒っているっぽくは見えるのですが、

不自然に見えることも多いのです。

イラスタートでは、心の変化に注目し、

顔だけではなく全身をつかった表現を練習してみましょう

表情の軸を考えよう

では、どのような感情が表情として出やすいのでしょうか。

ここではわかりやすいように2つの感情の対比を用意しました

01

  1. ポジティブ、ネガティブ
  2. 感情の昂ぶり

1は嬉しい、楽しいなどのプラスの感情(ポジティブ)と

悲しい、怒りなどのマイナスの感情(マイナス)の対比です

2は興奮しているか、落ち着いているかの対比です

次にこの2つの軸に関して詳しく見ていきましょう

1. ポジティブ、ネガティブ

ここの感情の対比は主に顔に出ることが多いです

ポジティブなときは以下のような特徴があります

  • 上まぶたが上に凸
  • 下唇のラインが下に凸
  • 眉毛と上まぶたの位置が離れる

ネガティブのときは逆のことが起こります

2.感情の昂ぶり

この対比はポーズに出ることが多いです

興奮しているときは以下のような特徴があります

  • 体を反らせる
  • 肩が上がる
  • 手(指)に力が入り、形がしっかりする

上と同様に、落ち着いているときは逆の特徴が出てきます

代表的な表情の例

02

2つの軸それぞれの要素を組み合わせることで

いろいろな表情を書くことができます

代表的な表情で見ていきましょう

喜び

03

喜ぶときはポジティブと興奮状態の要素を組み合わせます

怒り

04

怒りはネガティブと興奮状態の要素を組み合わせます

悲しみ

05

悲しみはネガティブと落ち着きの要素を組み合わせます

穏やか

06

ここに当てはまる言葉が浮かばなかったので穏やかという言葉を使いましたが

ようするにポジティブと落ち着きの要素の組み合わせです

おわりに

今回は表情をキャラクターの感情から考えて描こう!という記事でした

表情の8割程度は感情の図上に表せるので、一旦図に落としこんでから

表情を描いてみてください。では、今日はここら辺で

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
記事下広告
記事下広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事下広告

コメント

  1. シン より:

    更新お疲れ様です!( ´▽`)なるほど!顔だけでなく身体の色んなところを組み合わせて
    心を表現するんですね!肩周りは全く意識してませんでした!次も楽しみです!

    それと、まだまだ絵描きが下手なのですが模写の記事を見て(それを意識して)とりあえず
    模写をしていますがいずれ技術がみにつくものなんでしょうか?Σ(-᷅_-᷄๑)

    • odoshi より:

      >> シン さん
      いつもコメントありがとうございます~!
      記事も読んでいただき嬉しいです!

      >~いずれ技術がみにつくものなんでしょうか?
      模写にしろ何にしろ、漠然と描いていると「慣れ」による上達しかしないので、
      色々な絵を見てテクニックをメモしたり、実際にそのテクニックを自分の絵に反映してあげたりすると
      上達のスピードがぐんと上がると思います

      お互いお絵かき頑張りましょう
      オドシ

  2. 大本 より:

    はじめまして、大本と申します。

    ブログランキングから来ました。

    なるほどですね!

    顔の表情だけでなく、身体を使った
    表現をすると、とても分かりやすいし
    生き生きとしたイラストになりますね!

    とても勉強になりますので、また
    訪問させていただこうと思います。
    (*^^*)

    それでは!

    • odoshi より:

      >> 大本 さん
      コメントありがとうございます
      参考になったようでうれしいです!

      お互いお絵かき頑張りましょう!
      オドシ